• ホーム
  • 施工実績
  • コンセプト
  • スタッフブログ
  • お問い合わせ

ウッドテデッキの材質・・・。

d61aca328bb3673d427f051c2c691e22
da87a33f6a277cacd49b6df1edfe63c8

ウッドデッキを検討する際、天然の木材を使用した手作りウッドデッキと、木粉入り樹脂などが材料の人工木材ウッドデッキとどちらがいいか迷いますね。

天然の木材は近年ハードウッドと呼ばれる固くて耐久性のある木材を使用する場合が多いです。ビスで固定するにも下穴を開けてからでないと入っていかないほどの固さです。アーバンスケープでは、イタウバ材、マニルカラ材、イペ材を主に使用しています。

天然ならではの触り心地がメリットです。また、手作りなので年数経過により一部が壊れても直せるという点もメリットです。

デメリットは日差しの影響やこすれによる色褪せに対して3年から5年程度で再塗装が必要なこと。(色あせた風合いがいいという場合は再塗装不要です。)

人工木材デッキのメリットは、ノーメンテナンスである点。ひび割れやささくれが起きない点。

デメリットは真夏の表面温度が木材に比べて高いこと。メーカーの交換部品対応ができないほど時間が経過した後の修理が部材によっては難しいことが挙げられます。

実際にはサンプルを手で触れて選んでいただいています。

 

 

 


Urbanscape
  • デザインギャラリー
  • 初めての外構工事専門用語解説
  • 新築外構の知恵袋
  • お客様の声
  • 新築外構無料相談会申し込みはこちら
問い合わせ
資料請求
資料請求
施工実績
  • コンセプト
  • デザイナー紹介
  • おすすめ商品
  • 引き渡しまでの流れ
  • よくある質問
  • 新着情報
  • シンボルツリー図鑑
  • ガーデニングクリニック
  • 植栽アレンジメンテナンスメニュー
Staff Blog
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • リンク集