• ホーム
  • 施工実績
  • コンセプト
  • スタッフブログ
  • お問い合わせ

お庭の目隠しってどんな方法がいいの?

ハードウッドのフェンス

お庭や外構のリフォームで目隠しを付けて欲しいというご要望は多いです。


この目隠し、実は高さ1.8mを超えるかどうかで考え方が変わってきます。



だいたい1.8mまでは既製品がラインナップされているのでそれなりの予算で作れます。


ただ、家の床面から外を見るとお庭に追加する1.8mの目隠しは低すぎるという声を多く聞いてきました。もっと高さの欲しい場合、どんな目隠し方法があると思いますか?



 ・常緑樹を植える。

 ・アルミの2段フェンス

 ・手作りのウッドフェンスや人工木材フェンス

 ・パーゴラやシェードによる上部目隠し

 (写真:ウッドフェンスにアルミ鋳物の

             アクセントパネル設置。)

 

なんとなく思いつくのはこんなところでしょうか?

私も、どれもお奨めしたことがあります。


せっかく作るなら、もっとこだわって石を貼ったり、

デザインで遊んだりしたいものです。


比較的費用の掛かる目隠しでは、そんなオリジナル品も選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?いくつかご紹介します。

石張りの壁

こちらの写真は、へーベルハウスさんの外壁メーカーが開発した炭酸カルシウム発泡材に特殊繊維入りの樹脂モルタル下地を施した下地壁です。


ブロック積みより軽く、フェンスのように使用できます。ある程度まで高さを出せます。今回は2m。


形をデザインして、タイルや石を現場施工しました。ある程度デザインがフリーなため、ブロック積みでは強度上無理なくりぬきや、凹凸を提案できます。意素材との組み合わせでお庭の顔を作ることができます。


重量を掛けたくない擁壁近くにも最適です。

坪庭の背景に背の高い目隠し

こちらは、中庭のデザインする際、プライバシー性は確保したいところですよね。


どうしても背が高いお洒落な目隠しが欲しい場合。と言えます。アルミフレームに無地のサイディングボードを張って仕上げを施すパターンで施工しました。


建物の外壁と同じ考えです。

ただしアルミの笠木が必要なのと強風が当たる場所では使用できません。

Urbanscape
  • デザインギャラリー
  • 初めての外構工事専門用語解説
  • 新築外構の知恵袋
  • お客様の声
  • 新築外構無料相談会申し込みはこちら
問い合わせ
資料請求
資料請求
施工実績
  • コンセプト
  • デザイナー紹介
  • おすすめ商品
  • 引き渡しまでの流れ
  • よくある質問
  • 新着情報
  • シンボルツリー図鑑
  • ガーデニングクリニック
  • 植栽アレンジメンテナンスメニュー
Staff Blog
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • リンク集